投稿

2015の投稿を表示しています

Sony α7s Carl Zeiss Lenses Loxia 2/50 120fps

イメージ
ちょっと色々とテストしてみました。今後の事も考えてこの連休はこんな事ばっかりやってたんですけど、やっぱり試してみないとわからない事って多いですね。色々と勉強になりました。すごい疲れたけど・・・。(笑)



しかしなんというかこの浮遊感は良い。もちろん、意味もなく使うものでもないのでここぞ!って時になるんですけど・・・。



あとはこのカメラ120fpsだとフルHDのサイズじゃないんですよね。なので若干画質は荒れますな・・・でも使える気がするので要所要所で使おうっと。








ライブの撮影について・・・。

イメージ
先日、とあるライブの撮影をしたんですが、普段あまり多い数のカメラは使わないので、「今回はステージにウェアラブルでも設置してみるか!」なんて事でステージ上にカメラを3台設置してたんです。まぁ、ドラムさんが全く見えてないのもその理由・・・。(笑)

本当はステージ前で下からの手持ちも撮りたかったんですが、会場の関係でそこに人は入れずに、結果的に後方から4台(主にフィックスが2台、ボーカル専用、フレキシブルな寄り)と7台で撮影してみたんですけど・・・。 

結論から言うと・・・こんなに要らないですね。(笑)

マルチカメラの状態で編集したほうが臨場感も出るかと、素材をまとめてたんですけど、もうまずは素材の量が半端ない!それとやっぱりビデオカメラは便利です!バッテリーの持ちも良いし、ピントの心配も要らないし・・・。

と今回はビデオカメラの素敵な面を更にまた発見しました。まぁいかんせん、画質はやはりいわゆるビデオ的な感じになるんですけど、なんたって楽で失敗なしというのが利点だと思いますわ〜。 

でもさすがにならば画質の良いビデオカメラを導入したいなぁ〜?なんて思うんですが、そちらの情報に疎いのでちょっと調査してみようかと思います。まぁ、ライブにはそれぞれの演者さんの思い入れがあるんで、できるだけ良い感じで残してあげたいんですよねぇ・・・やっぱり。

はぁ、しかし編集・・・大丈夫かな?パソコン?(笑)


非公開のままでした。(笑)

イメージ
まぁ、ほぼ更新してなかったんで問題ないんですが、なんとこのブログ、限定公開という設定のままだったようです。(笑)

ここのところ一眼レフで映画のような映像が割誰でもお手軽に(本当はそうじゃないんですけどね)撮れるように機材とかが進歩してきて、割と綺麗な映像なんだけど中身のない物が世の中に多々出回ってます。

それはそれで悪いことじゃないんですけど、例えば悪いところもあって、現在の一眼、またはミラーレスのカメラでは長時間の撮影は機能的に無理なんですよね。例えば、ライブ等はまさにその良い例です。

そういう時はやっぱりビデオカメラに分があります。最近ではお手頃なビデオカメラもかなり高性能になってきたので、やはりライブ等は曲の途中で切れたりするのはイヤなんでビデオカメラでの撮影がおすすめです。

1曲か2曲だけ!というのならDSLRでも良いと思いますが・・・。

ということで撮影編集したライブの映像です。この時は場所も移動範囲も指定されていて、さらに大人数なんで苦労しました〜。こちらももうちょい更新せねばですね〜🎵

でわでわ